風俗との出会いがすべてを変えた

頭を空っぽにしてデリヘル

風俗を楽しむ時には頭を空っぽにしてもらうよう、勢いだったり濃密なプレイだったりと日常生活の中では難しいことを楽しませてもらっています。風俗って男にとっては理想郷そのものと言っても決して過言ではないんですよね。だからこそ、日ごろの蓄積されたものを思い切り発散させることも出来るんですが、それよりも自分としてはより楽しみたいので悩みを解消しつつ、女の子だけに集中したい気持ちもあるんですよ。女の子に愚痴を聞いてもらってすっきりして、更にプレイでもすっきりして二重のすっきりを得るのもなかなか面白いんですけど、女の子と向き合って頭を空っぽにすることこそが何よりも大きな魅力なのかなって思うんですよね。だから風俗を楽しむ時には基本的にはいつも風俗嬢だけに集中できる状況にしています。特にデリヘルのようにデリヘル嬢との距離感が近くなるものは、女の子に集中出来ないのはもったいないじゃないですか。集中してこそ快感も高まりますしね。

今でも覚えているデリヘル嬢

彼女は半年くらい前にお世話になった風俗嬢なんですけど、未だに忘れられないんですよ。それくらい大きな衝撃をもたらしてくれたのは、それだけ満足感のある時間を過ごせたからこそなのは言うまでもありません。Kという池袋のデリヘル店にいる風俗嬢で取ってもスタイルの良い子だったんです。モデルクラスのスタイルの持ち主って言っても良いでしょうね。彼女を選んだ理由もそこだったんですよ。お店のホームページを見た時にもやっぱり素晴らしいスタイルだなって思ったんです。それで指名してみたんですけど、彼女の魅力はスタイルだけではなかったんです。もちろんスタイルはとっても素晴らしいデリヘル嬢だったんですけど、スタイルよりもむしろ彼女の可愛らしい性格の方がこっちとしてはメリットというか、指名して良かったなって思うのはそっちだったんです。スタイルが良いに越したことはありませんけど、でもどれだけ頑張ってくれるのかとかこちらへの配慮だとかは女の子の内面の話ですしね。
[駅ちか]で池袋の人気デリヘル店をランキングや検索で探す

デリヘルには感謝しかないんです

これは心からの本音なんですけど、デリヘルには感謝しかないんですよ。なぜならデリヘルのおかげで風俗を楽しめるようになったんですよね。それまで自分は結婚しているのもあって、そんなに女の子と遊ぶことなんてできません。会社の同僚との付き合い程度にちょっと水商売に出向いてお酒を飲むくらいなもので、ある意味健全ではありました。でも、そこから先を楽しみたくなるのが男ってものだと思うんですけど、その場所がなかったんですよ。会社近辺はおろか通勤沿線にさえ風俗店はなかったんですよ。最短距離で行ける風俗は会社とは逆方向。つまり、風俗を利用するにはそれなりに手間がかかるのでどうしても妻には嘘を付かなければならないんですよ。その場は良くても、もしもバレてしまったらって考えるとやっぱりそこはどうしても二の足を踏んでしまっていましたけど、デリヘルであれば途中で降りてホテルでも楽しめるので、嘘をつかずに少し遅くなるだけでいいんです。